代理店・事業会社に向いているタイプについて

ほぼ感想文です。

個人の見解であること、ご了承ください。

 

 

今こんな仕事してます

事業会社に勤めて1年半ちょっと経ちました。

この間の主な業務としては、下記ツールの全体管理と設計、実装です。

Google Analytics

Google Tag Manager

Google Optimize

Google Data Portal (Data Studio)

パラメータ増えててページ評価が狂ってる、新たにこういったデータを取得したい、新規ドメインの計測をする時等、そういった際に作業が発生します。

個人でお受けしている仕事も基本この辺り。
ほぼGAですけど。

 

前職について

私の職歴は代理店→事業会社なのですが、振り返るとどちらもシステム寄りの仕事でした。

(代理店時代は営業も一時期してましたが)


前職について一応触れますと、SNS管理プラットフォーム「Sprinklr」の日本ローンチをするために新規事業として参画しまして、Sprinklrの設計・設定、たまにSNSの広告運用もやってました。

Sprinklr Enablement Consultant(この認定を持っている社員がいないとSprinklrを販売・設計をその企業がすることができません)という認定をSprinklr本社からいただき、わちゃわちゃやってた感じです。

 

ツールは違えど、どちらも他社製のツールを利用するという共通点があります。

それぞれに所属している(た)期間もほぼ同じ。

上記を踏まえて、独断と偏見でそれぞれの会社に向いているタイプについて考えていきます。

 

事業会社に向いているタイプ

イベント企画や新規商品の立案が好きなタイプの方は事業会社向けではないかと思います。

代理店だと決裁権限ないですし社内の稟議がどうなってるかも確認しにくいので、提案しても実現はなかなか難しい。。

イベント専門の制作会社だとまた違うと思いますけどね。

ユーザーと近い距離で、ユーザーと一緒になって何かしたい!みたいなタイプの方が向いてそう。

また、事業会社は育成に力を入れているところも多い印象です。

先輩からしっかり知識吸収をして仕事をしたい人なんかが多いかも。

また、事業会社は代理店と上手く折衝するタイプの方がどんどん採用されていっていいのではとも思います。

自己解決よりもまわりを巻き込んで何かしていく方が向いていそうでした。

 

代理店に向いているタイプ

計測はじめ基盤構築や設計が好きなタイプの方はこちらだと思います。

私が代理店にいた時、システム寄りの社員の評価方法は

「受注金額-(設定+構築費用)=個人貢献金額」でした。

具体的な計算方法は覚えてないですが概ねこんな感じ。

やったらそれだけ評価されるので、毎日21〜22時に会社を出ていましたが業務量に対するストレスはなかったです。

正直、設計まわりの仕事って金額換算が難しいものがあると思っています。

ちょっとしたGAのフィルタ修正するだとか、これの金額充てるのは難しい…

あと、事業会社と収益モデルが全く違うので、売上を上げるためには企業を相手にしなければならない分、仕事はよりシビアだったかも。

新しい知識・流行り廃りに敏感でキャッチアップが得意な、知識に貪欲な方も多かったです。

クライアントや営業先で質問された時に説明できないとですし。

教育面に関しては、人から教わるというよりは能動的に自ら行動していく尖った方が多い印象です。

分からなかったら質問することもありますが、まずは自分でなんとかする。

私自身、人から教わったり指示待ちをするより自分でどんどん進めたいタイプだったので、こっち寄りだと思います。

突き進むタイプなので良し悪しありますが(・・;)

 

どちらで働くべきか

上記は飽くまで個人の感想なので、結局は好きな会社で働けばいいと思います。

代理店で働かれたことがない方には「代理店きつそう…」って印象になっているかもですが、対象とする顧客が異なるだけです。

少なくとも私は楽しく働けていましたので。

 

どっちも、いいところも悪いところもあります。

向いているタイプを書いた後で言うことに思うところはありますが、「事業会社はやだ!代理店がいい!」みたいになるのではなく、人・物・金で見た時に、自分が譲れないところと、志望先がマッチしているかを見極めて最終判断しすればいいかと。

ただ、自分が希望するポジションの評価方法は選考プロセス時に確認することをおすすめします。

 

また、「この企業はネームバリューがあるからここにしよう」っていうのはあんまりおすすめしないです。

実際、家族に話すと「あそこで働いているんだ!」みたいな話題にはなりやすい=どういう仕事をしているか伝えやすいですが、それだけです。

「このネームバリューがないと俺はまわりに認められない…!」みたいなことも全くないです(笑)

どんな会社であっても、価値出せる人は出せるし、出せない人は出せません。

虎の威を借りても、すぐバレます。

 

まとめ

多くの会社を経験してきたわけではないので完全な個人の意見です。

なるほどなーと受け止めていただければと思います。

 

ブログ継続のためにご支援してもらえると嬉しいです!
Rayのほしいものリスト