GAの計測ができない時に確認したいこと

Google アナリティクスを導入したけれど、ビューに数字が上がらない」「ある日突然計測できなくなった」という話はGoogle アナリティクスを導入しているとよくききます。

ただ、実装の問題であったり、利用者側では解決できない問題であったり等、計測が上手くいかない場合の原因は一つではありません。

この記事では、計測が上手くいっていない時に確認していただきたい6つのポイントをご紹介します。

 

 

 

 

1:サイトのソースコードにトラッキングコードが正しく設置されているかどうか


通常、計測を行いたいWEBサイトのソースコード上には以下のようなトラッキングコードを設置する必要があります。

今日 利用されている主流のものは以下3つです。

 

Universal Analytics Tag (analytics.js)

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/?hl=ja

<!-- Google Analytics -->
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m
=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga
('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto');
ga
('send', 'pageview');
</script>
<!-- End Google Analytics -->

 

Global Site Tag (gtag.js)

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/gtagjs/?hl=ja

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXX-Y"></script>
<script>
  window
.dataLayer = window.dataLayer || [];
 
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag
('js', new Date());

  gtag
('config', 'UA-XXXXX-Y');
</script>

 

Google タグマネージャ

https://developers.google.com/tag-manager/quickstart

<!-- Google Tag Manager -->
<script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
j
=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-XXXXX');</script>
<!-- End Google Tag Manager -->
<!-- Google Tag Manager (noscript) -->
<noscript><iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-XXXXX"
height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe></noscript>
<!-- End Google Tag Manager (noscript) -->

 

計測が上手くいかない時、上記のようなトラッキングコードが計測を行いたいURLのソースコードに記述されているかどうかをまずご確認ください。

この際、注意点は主に3つです。

①プロパティIDまたはGTMコンテナIDは自社・自身が管理するものかどうか

②公式展開されているトラッキングコードと、実装しているトラッキングコードの文字列を比較した時、ID以外で違いがみられないかどうか

③pageviewタグに正しくトリガーが設定されていて、且つコンテナのバージョン公開も行われているかどうか(※GTMで設置している場合のみ)

 

①は、

・アナリティクス管理画面の [トラッキング情報] > [トラッキングコード]

・[ワークスペース] [管理] > [Google タグマネージャーをインストール]

からそのままコピーしてきたのであればまず一致すると思います。

ですが、WEBサイトの改修でソースコードを修正する際等に②のような事象が発生することがありますので、突然計測ができなくなった場合は①②ともに確認する必要があります。

また、文字列は同じであってもPHP等でHTMLをprintした時に、稀に文字コードが異なる状態で出力される場合があるのでその点も考慮し確認をしてください。

 

ソースコードでの確認が難しい場合、Chromeのアドオン「Google Analytics Debugger」や「Tag Assistant」でも確認可能です。

Google Analytics Debugger」は、デベロッパーツールのConsoleタブにGAのWEBビーコンの送信内容を記述します。

pageviewヒット以外にもイベントトラッキングやeコマースの送信内容も発火順に詳細に可視化するので、複雑な実装をしているWEBサイトやデザイナー、エンジニア向けです。

f:id:rayanalytics:20190603151651p:plain



 

Tag Assistant」はpageviewの他に広告系タグの発火状況を一目で確認できる点で優れています。

アイコンの色で状態が視認できます。

・緑…正常に発火されている

・青…発火はしているがGoogle社が推奨した記述方法ではない

・赤…何らかの問題がある

f:id:rayanalytics:20190603151700p:plain



また、各タグをクリックすることで詳細情報を確認することもできます。

 

f:id:rayanalytics:20190603151711p:plain

 

ラッキングコードは設置されているけれど、WEBビーコンが送信されるのに時間がかかるケースというものもあります。

ソースコード上、トラッキングコードより上に同期タグが設置されている場合です。

通常、ソースコードは上から順に読み込んでいきますが、<script>が非同期処理となるよう記述することでその後の処理と並行して読み込みを行うことができます。

主流3つのトラッキングコードは非同期タグですが、これらより上に同期タグと呼ばれる<script>があると、その<script>が読み込まれるまでその後のソースコードは読み込まれません。

 

 

2:閲覧しているビューと発火しているプロパティIDが同一かどうか


ラッキングコードに問題がないのにビューにはデータが反映していない場合があります。

その時に考えられる理由の一つとして、閲覧しているビューが設置したトラッキングコードに記載されているプロパティIDの配下にないことが挙げられます。

こちらは、アナリティクスにログイン後、左上に表示されているビュータイトルをクリックすることで

そのビューがどのプロパティに内包されているかを確認します。

 

f:id:rayanalytics:20190603151725p:plain



 

 

 

3:ビューにフィルタが設定されているかどうか


ビューに、表示するデータに制限をかけるようなフィルタが設定されている場合もデータ取得ができないケースがあります。

この可能性が疑われる場合、アナリティクス管理メニューのビュー配下にある [フィルタ] を開きます。

[フィルタ] では現在閲覧しているビューに適用されているフィルタの一覧が確認できますので、原因となり得る設定がないかを確認します。

特に、フィルタの種類が「一致」または「除外」となっているものには注意が必要です。

「除外」フィルタを複数設定した場合、ビューではORで除外されます。

ですが「一致」フィルタの場合はANDで判定され、全ての一致フィルタに当てはまるデータしか取得されません。

 

フィルタが多数ある場合、管理メニューのアカウント配下にある [変更履歴] から探すのも有効です。

[変更履歴] は日付ベースにどのGoogleアカウントがどのような操作を行ったのかを記録します。

数字に違和感を持った日付前後に何か設定を行っていないかを確認してください。

※[参照元除外リスト] の設定変更等、一部 記録されないものもあります

 

 

 

4: [リアルタイム] レポートでは数字が上がるかどうか


[リアルタイム] > [コンテンツ] レポートで数字が上がるのにその他の標準レポートでは数字が上がらないケースがあります。

これは、 [リアルタイム] レポートは即時反映されるのに対して、それ以外のレポートは集計に時間がかかる為です。

 

https://support.google.com/analytics/answer/7084038?hl=ja

頻度 プロセスタイム 360 プロパティ / 標準プロパティ プロパティあたりのデータの上限

保証

(データの上限が観測される場合)

クエリの適用範囲
データの更新頻度(エンハンスト) 10 分~1 時間 36 < 20 億ヒット(1 か月あたり) なし ほとんどのレポートと API クエリ(詳細
360(当日) < 4 時間 360 < 20 億ヒット(1 か月あたり) あり こちらを除くすべてのレポートと API クエリ
360(日単位) < 24 時間 360 なし あり すべてのレポートと API クエリ
標準(当日) < 24 時間 標準 < 20 万セッション(1 日あたり) なし こちらを除くすべてのレポートと API クエリ
標準(日単位) 24~48 時間 標準 < 1,000 万ヒット(1 か月あたり) なし すべてのレポートと API クエリ


※360…有償版契約

 

実装をしたばかりの頃にレポートに数字が上がらない場合にはこの可能性が考えられます。

 

 

 

5:オプトアウトアドオンを使用していないかどうか


Google Analytics オプトアウト アドオン」 をインストールしていて且つオンになっているブラウザでアクセスした時にもデータが除外されます。

ラッキングコードの発火検証を行っているブラウザが上記に当てはまる場合は、一度アドオンをオフにした状態で確認してください。

 

 

 

6:一時的な不具合


最後に、ユーザー側ではなくツール側に原因がある場合です。

アナリティクスでは、障害が発生している際にアナウンスが行われるケースはほぼありません。

G Suite Status Dashboardというパフォーマンス情報を公開しているページはありますが、「ビューのデータが見れない」といった軽度なものはここに記録されませんので、1~5いずれにも該当しない場合は時間を置いてみてください。

※有償版の360契約の場合はリセラーにご確認ください

 

 

 

まとめ


一口にデータが計測できないといっても、その原因は様々です。

大抵は上記に挙げた原因で解決できると思いますが、一番注意したいのはトラッキングコードが正しく実装されていない場合です。

設置方法に問題があるとなると調査に時間がかかる可能性が多いからです。

その為、WEBサイトの改修を行う場合には、開発環境でも正しくタグが動作しているかを確認した上で本番反映をするようご注意ください。

 

※本記事は、広告主コミュニティの学習資料ページに掲載していたものです。

 上記コミュニティが2019年7月に閉鎖する為、こちらに移動しております。