イベントトラッキングを行う際に注意したいこと

Google アナリティクスのトラッキングコードを設置することで、ページ遷移に伴うデータを取得できるようになります。

ですが、動画の再生回数や、ブログ系であれば読了率等、ページ遷移を伴わないようなユーザーの行動はトラッキングコードを設置するだけでは取得できません。

WEBサイト内のユーザー行動を追う場合、イベントトラッキングの実装を別途行う必要があります。

 

この実装は、Universal Analytics TagまたはGlobal Site Tagをサイトのソースコードに直接記述している場合は計測したい箇所にイベントハンドラを用いて直接記述を行います。

Google タグマネージャ(以下、「GTM」)を導入しているWEBサイトの場合は、上記の方法に加えてコンテナにイベントタグを作成する方法があります。

基本的にどの実装方法でも問題はありませんが、いくつか注意しなければならないことがありますので、これから実装をされる方や実装がうまくいかなくて困っている方がいたらこの記事をお読みいただければと思い、残します。

 

 

 

 

 

1:適切なイベントハンドラを設定する


イベントトラッキングは、計測したい箇所に応じて適切なイベントハンドラを用いて記述する必要があります。

例えば、

<a href="https://hoge.com/" onClick="ga('mutual.send','event','イベントカテゴリ','イベントアクション','イベントラベル');">リンクテキスト</a>

という<a>タグがあったとします。

この<a>タグでは「onClick」=要素やリンクをクリックした時に処理が動く時に処理を行うイベントハンドラが設定されていますが、

これを「onReset」=フォームがリセットされた時に処理が動くものを設定してもフォーム要素がないので動作しません。

ですので、何か計測をしたいと考えたら、それに対応するイベントハンドラを検討してください。

また、全ブラウザへの互換性がないイベントハンドラもあるので注意が必要です。

 

 

 

2:イベントデータは一意の値となるようにする


イベント計測をする際によくあるのが、同じリンクが同じページ内に複数設置されているケースです。

イベントデータはGAで見る際、

[行動] > [イベント] > [上位のイベント] または

[行動] > [イベント] > [ページ] レポートがよく使われると思いますが、

どちらであったとしても、送信されたイベントカテゴリ、イベントアクション、イベントラベル別に集計するだけなので同じページ内で同じイベントデータを送信していると識別するのは困難です。

ですので、実装をすると考えた段階でそのWEBサイトにおける命名規則を決めて、それに沿った値となるようにすると管理がしやすいと思います。

例:

・イベントカテゴリ :用途(外部リンク、フォーム送信 等)

・イベントアクション:行動(クリック、スクロール 等)

・イベントラベル  :詳細(ヘッダーまたはフッターに設置、10%読了 等)

 

 

 

3:非インタラクションヒットを真にしないと直帰率が低下する場合がある


イベントトラッキング全般に言えることですが、実装時に非インタラクションヒットが偽または未設定となっているイベントデータは、発火するとページ遷移と同等とみなされます。

これにより、ランディングページにアクセスしたユーザーがそのページ内に設置されているイベントトラッキングをクリックし、その後特に何も操作をせずセッションを終了した場合は直帰とみなされない為、直帰率が低下する可能性があります。

 

直帰率に影響しないようにする場合、以下のようにnonInteractionに関する記述を行う必要があります。

 

Universal Analytics Tag (analytics.js):nonInteraction

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/events?hl=ja

ga('send','event','イベントカテゴリ','イベントアクション','イベントラベル',値,{'nonInteraction':true});

 

Global Site Tag (gtag.js):non_interaction

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/gtagjs/events?hl=ja

gtag('event', 'イベントアクション', {'event_category': 'イベントカテゴリ','event_label': 'イベントラベル','value': '値','non_interaction': 'true'});

 

GTM:非インタラクション ヒット

f:id:rayanalytics:20190603152621p:plain



注意したいのが、非インタラクションヒットを真にするかどうかは、そのイベント設計によるという点です。

そのイベントデータをページ遷移と同じだけの価値があるとみなすかどうかを検討した上で実装する必要があります。

 

 

 

4:トラッキングコードより先に読み込ませない


イベントトラッキングを実装後、 [行動] > [サイト コンテンツ] > [ランディング ページ] レポートを見た時、(not set)となっているデータが発生する可能性があります。

これは、イベントを送信しているWEBページにおいて、トラッキングコードを読み込むよりも先にイベントが読み込まれてしまった場合等が考えられます。

もしも(not set)が見つかった場合は、イベントの記述があるページのソースコードを確認し、そのような箇所がないか確認をしてください。

 

 

 

5:イベントタイプの目標コンバージョンでは目標到達プロセスが使えない


申込み完了をはじめとしたサイト内のコンバージョン計測をする際、ビューに目標設定を行う必要があります。

その際、訪問者がどの地点で離脱したのかを可視化する為に、目標到達プロセスに完了地点までに通るページを指定している方がいると思いますが、イベント発火を目標設定にするとこの設定を行うことはできません。

ですので、代替案としてカスタムセグメントのシーケンス、有償版の360にアップグレードされているプロパティ内であればカスタム ファネルレポートをご活用ください。

カスタムセグメントを用いる場合、目標到達プロセスでのステップを再現するにはアナリティクスのビュー内では行うことができません。

各ステップ毎にカスタムセグメントを作成し、データスタジオをはじめとしたBIツールで可視化を行う必要があるのでこちらの利用も視野に入れてください。

 

 

 

6:設置したイベントがアナリティクスのビューに反映されない


イベントの記述方法に誤りがある、またはアナリティクスの設定に問題がある等、様々な原因が考えられます。

GAの計測ができない時に確認したいこと」に記載した方法で調査を行うことができるので、こちらを参照ください。

 

 

 

7:ヒット数に注意


アナリティクスでは、pageviewやイベント、eコマース等のデータが送信される度に1ヒットとカウントされます。

このヒット数は、アナリティクスの利用形態に応じて送信できるヒット数に上限があります。

https://support.google.com/analytics/answer/1070983?hl=ja 

無償版だと1,000万/月、有償版だとリセラーがヒット数に応じた料金テーブル等を用意していると思います。

全部のリンクでイベントを実装をした場合、この上限に抵触する可能性があるので注意が必要です。

それだけでなく、1セッションあたり計測できるヒット数にも上限が決まっているので、こちらにも注意してください。

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/protocol/v1/limits-quotas?hl=ja#univers...

 

 

 

まとめ


CV地点までに通る道筋で、ページ遷移以外のユーザー行動が発生するケースはよくみられます。

まずはその整理を行い、トラッキングコードだけでは計測ができないと判断した時、適切な箇所にイベントトラッキングの実装を行ってください。

 

※本記事は、広告主コミュニティの学習資料ページに掲載していたものです。

 上記コミュニティが2019年7月に閉鎖する為、こちらに移動しております。